Featured Posts

View All
批評

自由に愛し、自由に生きる

石川真生の最新の自伝的写真集である『赤花』は、1975年から1977年にかけて、彼女自身が沖縄の地で見た人々の率直な生き様を垣間見させてくれる。この時代、駐留軍としての米軍は、武器や銃を持ち込んだだけではなかった。地元民が自らの文化的環境に合わせることなく生きたとしたら、その生活はどのようなものになるのかを露わにしたのだ。
No items found.
No items found.
No items found.
No items found.

You Might Also Like

No items found.
No items found.
No items found.
No items found.
No items found.
No items found.
No items found.
No items found.

More posts from Reader

View All
No items found.